伝わる図面の描き方:導入編 -製図でお悩みの方はこれで解決!-

お役立ち実践記事

2020/10/12

加工メーカーに依頼をする際には図面が必要です。近年では3D CADの普及により、製品の形を3次元データで表現できるツールも増えてきました。そのため、金属加工に利用する紙に描かれた二次元図面は昔から存在している「古いモノ」、「必要ないモノ」という印象を持つ人もいるようです。

しかし、実際に加工する際や部品製造の打ち合わせの際には、3D CADでは表現できない『公差』や表面の『加工精度』を設計者から加工担当者に伝えるため、加工担当者から加工の方法や機材の制限による設計変更依頼を設計者に伝えるため、今も二次元の図面が欠かせないケースが多くあります。

この記事では、なぜ今でも図面が必要なのか、図面を描く目的や、加工メーカーのエンジニア(加工担当者)に伝わる図面とはどんなものか徹底解説します。

図面を作成する目的とは?

図面は設計者が自分が作りたい物の形を、第三者に正確に伝えるためのツールです。それならば3Dで作ったバーチャルの形状でも十分だと思うかもしれません。確かに3Dのバーチャル形状は、イメージを伝えるためには非常に役に立ちます。しかし、細部の仕様や、絶対に守ってほしい条件などを記述することができません。

一方で、二次元図面は契約書のようなものです。契約書には独特の構文があるのと同じように、図面にも独特のルールがあります。細かい部分や、守るべき内容の取り決めを設計者と加工担当者間で誤解することがないよう、記号を利用して記載します。

次の章では図面に求められるポイントを解説します。

図面作成のための基礎知識

図面は設計者の意図を加工担当者をはじめとした第三者に伝えることが主な目的です。

そのため、次のような条件を守る必要があります。

・作図の基本を遵守する
・形状が加工担当者に伝わりやすいように留意する
・加工を検討するために必要な寸法、公差、精度を記入する

この3つの条件を全て書き込んだ図面の例とわかりやすい図面を描くコツを以下にあげます。

「製造業」マッチングなら、ファクトリーエージェント

製造過程の進行管理から納品・検品・支払手配までをサイトで完結できる
次世代型製造業クラウドプラットフォームをぜひお試しください。

無料 見積依頼を行う

この記事をシェアする

ファクトリーエージェントにお任せください

板金・プレス・切削加工を依頼したい人と受けたい企業や工場をつなぐ、製造業マッチングクラウドサービスです。
工程の進行管理から納品・検収・支払手配までまるっと完結!サービス利用料は無料!
モノづくりのプロが納期・コストなどお客様のご要望に適した全国有数の加工会社を選定いたします。