コストダウン虎の巻(加工編) プロが教えるVA/VEの選択肢!

お役立ち実践記事

2021/03/26

コストダウン競争の激しい現在、できるだけ安い製品を提供するために、製造業の現場でもさまざまな工夫が行われており、設計や生産技術の担当者の役割も日に日に重要度を増しています。今回は部品や製品の加工時にできる、コストダウンのポイントを解説します。

1.現場でできる、製造技術による改善

加工時にできるコストダウンを考える際、最初に考えるべきは、現場での製造技術による改善です。 製造現場のみでの改善ができれば、副作用による不具合を発生させるリスクが比較的低いので単純に時間あたりの出来高を上げることができる、もしくは品質を安定させ不良品を減らすことができ、コストダウンに繋がります。現場で完結する改善方法には次のような方法があります。
 
加工の速さを上げる
工具や加工物の送り速度や、 の回転数などを上げ、できるだけ速く加工できるようにします。しかし求められる精度や材料の硬さなどにより、工具の送り速度を上げるのは難しい場合もあります。また手で持つ工具の場合には、安全面の問題からも、無理は禁物です。不具合や事故の起きない範囲で、加工の速度を上げるようにしましょう。

 他には・・・

「製造業」マッチングなら、ファクトリーエージェント

製造過程の進行管理から納品・検品・支払手配までをサイトで完結できる
次世代型製造業クラウドプラットフォームをぜひお試しください。

無料 見積依頼を行う

この記事をシェアする

ファクトリーエージェントにお任せください

板金・プレス・切削加工を依頼したい人と受けたい企業や工場をつなぐ、製造業マッチングクラウドサービスです。
工程の進行管理から納品・検収・支払手配までまるっと完結!サービス利用料は無料!
モノづくりのプロが納期・コストなどお客様のご要望に適した全国有数の加工会社を選定いたします。